ベストセラー作家の印税から考察する、読まれるための5つの戦略

Estimated read time 0 min read
ベストセラー作家の印税から考察する、読まれるための5つの戦略

ベストセラー作家の印税から考察する、読まれるための5つの戦略

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事は5部売れるごとに500円ずつ値上げをしていく予定。

今のうちに読んでおいてくださいね。

はじめに

こんにちは、Kindle作家のシンプリストやまだです。

Kindleで電子書籍を10冊出版。

4冊でベストセラーを獲得しています。

この記事では、私がKindle出版を始めて6ヶ月の印税を公開。

そして、そこから考察する「読まれるための5つの戦略」を紹介していきます。

ここで

読まれる=印税を伸ばす

ということです。

・既にKindle本を数冊出版している人

・これからKindle出版を始めようと思っている人

・ストック収入に興味がある人

の参考になればうれしいです。

こんな悩みありませんか?

この記事はこのような悩みをお持ちの方にオススメ。

・何か副業を始めてみたい
・ストック収入に興味がある
・Kindle本を出版したけどなかなか読まれない
・Kindle作家がどうやって印税を伸ばしているか知りたい


オススメの副業、「Kindle出版」

大副業時代。何か始めたいけど、何をすればいいかわからない方も多いと思います。

私もそうでした。

・ブログ
・ウェブライター
・YouTube
・せどり

様々な副業がありますが、私がオススメするのは「Kindle出版」

「ホリエモン」こと、堀江貴文さんが提唱されている「ビジネスの4原則」というものをご存知でしょうか。

〈ホリエモンが提唱する「ビジネス」の4原則〉

①初期投資が小さい
②在庫がいらない
③利益率が高い
④定期的な収入が見込める

この4つ、全てに当てはまるのが「Kindle出版」なんです。

この記事を書いている人

私は2023年6月に1冊目のKindle本を出版。

そしてそこから半年、11月には10冊目を出版しました。

(書籍一覧はコチラから確認ください。)

【出版数】

6月:3冊

7月:2冊

8月:2冊

9月:1冊

10月:1冊

11月:1冊

私の本職は機械設計で、14年程携わっています。

出版に関する知識は皆無。ど素人からのスタートでした。

文章を書くことと言えば、仕事上でのメールくらい。ゴリゴリの理系人間(笑)

そんな私でも半年間で10冊の電子書籍を出版し、ストック収入を得ることができたのです。

「ストック収入」というのは、働かずに得ることができる収入。

一度コンテンツを作っておけば、放っておいても収益が発生します。

Kindle出版は「誰でも」、そして「無料で」始めることができる、とても面白い副業。

この記事では、そんな私がKindle出版で得られた印税を公開します♪

この記事を読んでわかること

・ど素人の私がKindle出版を始めて6ヶ月の印税
・Kindle出版で印税を増やすために、初心者がやるべき5つの戦略

この記事では、「Kindle出版」を始めて6ヶ月の私が、どれぐらいの印税を得ることができたのかを公開。

そしてそこから考察し、Kindle出版初心者がやるべき「印税を増やすための5つの戦略」を解説していきます。

あなたもKindle出版で、ストック収入を作ってみませんか?

Kindle出版6ヶ月の印税

まずはさっそく、私がKindle出版を始めてから6ヶ月間の印税を御覧ください↓↓。

(書籍一覧はコチラ)

書籍ごと、月ごとの印税をまとめた表がコチラ↓↓

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 1,841 total views,  20 views today

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours